保育の様子・活動内容

いぶき保育園からのメッセージ

ないて、わらって。みんなげんき、みんながだいじ!


いぶき保育園は子どもたちがくつろいだ雰囲気の中で安心して生活が送れるよう、一人ひとりとのかかわりを大切にしていきます。

人とのかかわりの中で愛情、信頼感、人権を大切にする心を培っていくことを願って保育をしていきます。

家族との連携はもとより、地域の方々とも支え合える環境づくりを行っていきたいと願っています。

一日の生活 

0・1・2歳児時間3・4・5歳児
開園7:00開園
登園
検温・おむつ交換
7:15登園
排泄
排泄(随時)
授乳・睡眠
8:30異年令保育
朝の会、おやつ
室内遊び
戸外遊び
離乳食
9:20朝の会
室内遊び
戸外遊び
給食
睡眠
11:00給食
睡眠(おもに3歳)
おやつ
室内遊び
15:00おやつ
室内遊び
戸外遊び
16:30戸外遊び
降園(土曜日)
18:00降園(土曜日)
保育終了
閉園
19:00保育終了
閉園

年間行事予定

行事予定
4月入園・進級式
5月親子遠足、懇親会、保育参加(幼児)
6月
歯科検診、科学館(年長)
7月夏祭り
8月短縮保育(8:00~18:00)
9月こすもすの会(敬老会)、遠足(幼児)
健康診断
10月運動会、バザー
11月
個人懇親会(年長)、保育参加(幼児)
12月
クリスマス会
冬休み12月29日~1月3日
1月
もちつき
2月
節分、保育まつり(年長)
3月
ひなまつり、懇親会、保育参加(幼児)
健康診断、卒園式

  • 毎月:誕生会、避難訓練
  • その他、ぎょう虫検査、検便

★保育園の都合または法人の記念日に保育をお休みする場合もあります。

保育の様子

~ 保育園は小さな子どもの生活の場 ~

小さな子どもには自分より小さな存在を感じるあたたかさややさしさが詰まっています。

― ちいさな、ちいさなやさしさ 

愛情たっぷりに包まれて育つ子どもたち。甘えられる環境の中でスキンシップを図り、きずなを深めていきます。

― たべることは命をはぐくむこと 

生活習慣、心身の発達の両面で基礎をつくる時期。食べることが好きな子に育つように、旬の素材を美味しく調理します。離乳食も月齢に応じて作っています。野菜を育てる~クッキング等の活動を通じて食事に対する興味をはぐくみ、また友達と楽しく食べる中で食事のマナーも身につけていきます。


好奇心の芽は1歳を過ぎたころからふくらみ始めます。

― 「どうなっているだろう?」 ―

「いっぱい甘えたい」でも「何でも自分でやりたい」気持ちに共感し、好奇心をひろげていきます。乳幼児期にたくさんの刺激を受けて五感を働かせることはとても重要です。みる、きく、さわる、においをかぐ、あじわう…体験する一つ一つが子どもの糧となっていきます。

いのち

子どもの社会の中で、色々な経験を通じて成長します。ちょっぴり意地悪をしたり、友達を思いやったり。もちろんけんかもあります。それでも、友達と一緒に遊ぶことを体いっぱいで楽しむのが子どもたちなのです。

こんな小さな命があの大好きなかぶとむしのはじまりなのか。

― 野山をかけまわる

こころとからだ 

森の中で自然にふれる、木の肌触り、木の葉を踏む音、
木漏れ日のあたたかさ、ひんやりとした木の茂み、
大きくぼくらを包んでくれる。
時には自然のぶきみさも教えてくれる。
そこにいるせんせい、ともだちと一つ一つを共感できる喜び。
ともだちへの憧れから、目を輝かせ色々な経験を積み重ねていきます。

仲間のだいじな時間

色々な年齢や発達段階の子どもが入り交じり過ごす中で、助けたり助けられたりしながら、たくさんのことを学びます。同時に自分勝手や思い通りにならない葛藤も経験します。初めは周りに遠慮していた子どもたちも、友達の中でしっかりと自分の気持ちを伝えていく姿を見せてくれます。社会の中でどっしりと根を張っていく土台作りは、子ども社会の中で形作られていきます。

行事をきっかけに、子どもたちの成長を一段と感じます。
「リレーの順番きめる!」「チームで勝ちたい!」
じぶんのこと、仲間のことを考え始める貴重な時間です。